死と同じくらいに自分ではどうすることも出来なかった

お前たちの愛は朝の霧 すぐに消えうせる露のようだ。(ホセア書6:4)

ドストエフスキーが愛せないと苦しんだ時、そこには死が立ちはだかっていただろう。けれど、私が愛せないと苦しんだのは、そんな高尚なものではなかった。

 

振り返ると、すぐ目の前に氷のような眼、蒼白の顔、恐怖で引きつった唇が見えた。深夜ミサの人ごみの中ではじめてそばで彼を見たときと変わっていなかったが、あのときと違って心の震えるような愛情ではなく、底知れない失望を感じた。(ガルシア・マルケスコレラの時代の愛』)

 

自分には愛がないと気付いたのは、中三の秋だった。自ら告白してつき合いだした人の、顔を見るのも嫌になったのだ、半年も経たないうちに。

何があったというわけでもない。例えば夏休みに、京都に哲学の道というのがあると言って出かけ、旅先から毎日葉書を送って寄こす。部活でテニスに明け暮れている私に、(いつもはバカにしているように思えるかも知れないけれど、部活に打ち込んでいる姿に)本当は憧れているんです、等と書いて。

私は小学生の頃からスポーツ根性ドラマは大っ嫌いだったのだ。人に合わせて集団行動するのも嫌いだったのだ。その私に向かって、まるで私がスポーツ根性ドラマの主人公ででもあるかのように、「憧れている」だって?一気に冷めた。

そうして私は、本ばかり読んでないで受験勉強しろと父親に言われたからと言って私の所に持って来た愛読書を、小包で送り返した。

 

死なんて全く立ちはだかっていない。

けれど、死と同じくらいに、この自分の感情はどうすることも出来なかった。

 

それから私は秘かに苦しんできた。ある人は、良い歳になっても結婚出来ない私に向かって、「あなたのお母さんがお父さんと縁を切ったから、あなたは縁遠いのよ」と言ったが、母のせいじゃないだろう。夫の暴力から自分と娘を守るために縁を切ることがそんなに悪いことか!と言いたかったが、何も言わなかった。これは私自身の罪だ。ずっとそう思っていた。

私の育った環境を知る人は、私がキリスト教に向かったのは、淋しかったからだと思うかも知れない。愛を求めて行ったのだ、と。母でさえそう思っている風だった。愛を求めて行ったかも知れないが、愛されることを求めて行ったのではない。

私は、愛したかったのだ。しかしここに、死は立ちはだかってはいない。

 

ガルシア・マルケスの場合は、死から始まっていただろう。初めに「死」というものを見つめていた。

『青い犬の目』の「訳者あとがき」で、井上義一氏は「おそらく若いころのマルケスは死を切実に考え詰めていたのだろう」に続けて、「その一方で個人の生については、遺伝という鎖に結ばれて、遠い過去の先祖とつながっているのだという認識がところどころに表れている」と記している。

しかし私は、この短編集で死んだ者達を様々に登場させながら、マルケスは、死んだ者達が形を変えて今も存在するという自らの結論に納得できていなかったのではないか、と思う。

 

私が読んだマルケスの作品は3作のみなのではっきり言い切ることは出来ないが、『青い犬の目』から『百年の孤独』に至るまでの間に、マルケスは、「死を超えさせる」のは「愛」だと気付いたのではないかと思う。しかし、その愛というものが、見回しても、周りに見当たらない。そしてもちろんマルケス自身の中にも・・。

百年の孤独ガルシア・マルケスが描いているのは、一言で言うならば、「どこに愛があるというのか」であろう。

死ぬべきものが

ガルシア・マルケスの初期の作品『青い犬の目』という短編集がある。この短編集を読んで一番に頭に浮かんだのが、「死」という文字であった。『百年の孤独』に見られるような豊穣さは全く感じられず、硬く、ひたすら「死」について思いつめているような、「死」についての答を得ようとしているような印象であった。

訳者の井上義一氏も「あとがき」で、「後年の長編『百年の孤独』や『族長の秋』の世界にはこれほど死へのこだわりはない。おそらく若いころのマルケスは死を切実に考え詰めていたのだろう」と書いておられる。


そう、死、なのである。


死はすべての人に及んだ(ローマ信徒への手紙5:12)

この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。「死は勝利にのみ込まれた。(コリント信徒への手紙一15:54)

f:id:myrtus77:20180913100215j:plain

ガルシア・マルケス『青い犬の目』(福武書店

以下は、老齢の牧師の旧約聖書に聴く」

「コヘレトの言う運命」
 コヘレトの教えを聞いていて不思議に思うことがある。世の中には知者と愚者がいるが、同一の運命が臨む、と言う(2:14)。(中略)
 新共同訳では「両者に同じことが起こる」とあり、「運命」とは訳さない。「起こる」と言う。コヘレトの教えでは、知者にも愚者にも「死」が臨むと繰り返す。運命とは死のことである。人の終わりが死である。この厳粛な事実を誰も否定することはできない。
(中略)
もし、死から救い出す手があるとすれば、神以外には解決者はいない。この基本的な理解のほかに、人はいろいろと考え、教えてきた。一方では死を恐れつつ、その解決と克服の方法を示そうとしてきた。宗教であったり、哲学であったりする。(略)聖書の世界に「運命」というものが入り込む余地はないと思う。「主なる神」に対抗し、張合う別な力や決定者はあり得ない。(略)
 新改訳でも新共同訳でも「運命」という訳語は避けている。誤解されないためであろう。手持ちの他国語の聖書訳には「運命」の意味を含むと思われる単語が用いられている。コヘレトが、万人に定められ、避けることのできない決定的な「死」を「運命」と呼ぶのであれば、受け入れられる。運命論者ではない。抗い得ない状況に襲われ、運命と考える人ではない。どのような事態にも、想像や期待を遙かに越えた明るい明日が用意され、約束されていると信じて待ち望んでいる。彼もまた隠れたキリスト信者である。(後略)(『福音時報』2018年9月号より抜粋引用)

 

「知る」ということ

ある時、夕食の足しにお総菜のカキフライを買って来た。 娘は食べないので、よそい分けもせずに夫と二人で食べるのにパックのまま出した。

タルタルソースを夫は全部のカキフライにかけて、残ったソースを「もう使わない?」と私に尋ねてきた。それで私は、「ソースは、少し囓った後にカキフライの囓り口につけて食べたいから、残しておいて」と言ったのだった。その時の、口がぽかんと開いたような夫の表情が印象的だった。

お店などでカキフライを食べるときは、囓る前に添えられたソースにつけて食べるだろう。ソースがたっぷり添えられているから。けれど、お総菜を買って来た場合には、付いているソースは少量だからそれが出来ない。だから私は、最初から丸ごとのカキフライにソースでもタルタルソースでもかけてしまいたくはないのだ。揚げて時間が経ってべっとりした衣にタルタルソースをかけたいとは思わないのである。

けれど、そんなどうでも良いことを普段は口にしないのだ。だから、そんなことを夫は初めて聞いたに違いない。 30年近く一緒に居て、初めて聞いた、という感じだったのではないだろうか?違っているかも知れないが・・?

 

聖書には、「男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる」(創世記2:24)と記され、エバが身ごもってカインを産む前には、「アダムは妻エバを知った」(創世記4:1)と記されている。

「知る」という言葉は聖書ではとても重要な言葉だと思うが、男と女がお互いを知るというのは、その一瞬で起こることではないだろう。

聖書はまた「主のもとでは、一日は千年のようで、千年は一日のようです」(ペテロの第二の手紙3:8)と語っているが、罪に堕ちた私たち人間にとってはお互いを知るためには人生をかける必要があるのだと思わされる。

私の母のように夫の暴力から自分と娘を守るために逃げなければならないというような場合は別として、男と女が(最近は男と男が、あるいは女と女がという場合もあると思うが、いずれにせよ)、お互いを知るためには生涯をかける必要があるのだと私は思う。

そしてそのためには、キリストに伴っていただくということが必要なのだ、罪に堕ちて、愛することも知ることも難しくなってしまった私たち人間には。

 

ガルシア・マルケスが『コレラの時代の愛』で描き出しているのはそういうことである。

乳酸脱水素酵素(LDH)とアルカリホスファターゼ(ALP)の値は逆転してまた元に戻っていた(検査結果から)

退院後から前回検査までの間、体内をアルカリに傾けるためにクエン酸を含有するハイビスカスティーを夫に飲ませていた。そのためか、前回検査時には、アルカリホスファターゼ(ALP)の値が乳酸脱水素酵素LDH)より上回っていた。

今回はハイビスカスティーを切らしてしまって飲まなかった。するとやはり乳酸脱水素酵素の値の方が高くなっていた。

 

クエン酸は、乳酸を分解するとも、「乳酸に変化する焦性ブドウ糖を分解して、乳酸の生成を抑制する」(『栄養成分バイブル』)とも言われている。

 

過去記事「もう一つ、体内を酸性に傾けるもの(乳酸産生増大と乳酸脱水素酵素から考える) - 雨音につつまれて」でも書いたように、乳酸脱水素酵素は乳酸から水素を取ってピルビン酸に変換するだけの酵素ではない。ピルビン酸から乳酸へと変換する酵素でもある。だから、乳酸脱水素酵素の値が高値ならば乳酸が少ないというわけではない。むしろ、乳酸脱水素酵素が高値の状態で、乳酸が多く、体内が乳酸アシドーシスに傾いているという場合が考えられるのである。

それで、この値を下げて、体内をアルカリに傾けようと前回はクエン酸の多いハイビスカスティーを摂らせていたのだった。

 

ウィキペディアには、クエン酸ナトリウム・クエン酸カリウム合剤(商品名ウラリット®配合錠)は尿をアルカリ化させ尿酸の排泄を促進することから痛風に代表される高尿酸血症の治療薬として処方され、尿路結石や代謝性アシドーシスの治療にも使用される」と記されている。

しかし、過去記事「尿酸結晶についての新しい情報 - 雨音につつまれて」、「退院1か月後の尿酸値 - 雨音につつまれてでも書いたように、アルカリに傾きすぎて血中や組織液中で尿酸が結晶化し関節痛や痛風を起こす場合があるということだから、クエン酸ナトリウム・カリウムなどの合剤を摂りすぎるのもどうだろうか、と思う。

なんでもそうだが、バランスが大事なのだ。

タイプ3銅タンパク質とヒスチジン欠乏と貧血(検査結果から)

前回の検査で、夫は、ヘモグロビン(Hb)値が低く、自覚症状はないのだが貧血を起こしていると言われた。

鉄不足か、亜鉛不足か、銅不足か、あるいはビタミンB12が足りていないのだろうかと考えて、やはり銅が不足しているのではないかと思い、この一月銅含有の多い物を摂るように気を付けてきた。今回の検査でヘモグロビン値は上がったのだが、やはり僅かに基準値を下回っている。

 

そこで思い浮かべたのが、銅含有酵素セルロプラスミンであった。

セルロプラスミンは、貯蔵鉄が血液中を運搬されやすいように二価から三価へと酸化する酵素である。このため鉄だけでなく、銅が不足しても貧血を起こす。

セルロプラスミンはタイプ3銅タンパク質である。タイプ3銅は、「複核構造であり、どちらの銅にも3つのヒスチジンが配位している」(ウィキペディア

ここでアミノ酸ヒスチジンが大量に必要となる。

 

しかし、このところ、ヒスチジンを多めに含有するものを摂っていなかった。なぜなら、ヒスチジン含有の高い食物にはナイアシンも多く含まれているからである。

夫の場合、亜鉛との比率で亜鉛よりナイアシンの多い物を摂ったためにインスリンが放出され、このインスリンがナトリウム濃度を上げ、水分を引き込み、うっ血性の心不全に至ったと私は判断している。よって、ナイアシンの多い食品を控えていた。と言っても、ナイアシンはあらゆるものに含まれているのだが・・。

 

しかし、ナイアシンヒスチジン含有値を成分表であたってみると、同じ物でも加工の仕方によって微妙に違うことが解った。

例えば、真アジでは、刺身と開き干しの焼いたもので比べると、ナイアシン含有は刺身(6,4mg)の方が高いが、ヒスチジンは開き干し(970mg)の方が高い。

また、チーズ類のナイアシン含有は相対的に低めで、プロセスチーズもチェダーチーズも同じ0,1mgである。が、ヒスチジン含有は比較的高く、プロセスチーズで720mg、チェダーチーズで790mgと記されている。

ヒスチジンヒスタミンに変換されてアレルギー反応を引き起こすので、これまではヒスチジンの多いチェダーチーズも避けてきた。が、これからは少し摂るようにしてみようと考えている。

 

調べれば、まだ他にも見つかるかも知れない。

f:id:myrtus77:20180911150854j:plain

鯵の干物のほぐしたものと梅干しのご飯(紫蘇を刻んで散らすのを忘れた)



「アクチンは七〇~八〇℃で凝固する…」(『料理と科学のおいしい出会い』)

              f:id:myrtus77:20140912102313j:plain

 ステーキの調理は、基本的に肉に塩をまぶして焼くだけです。究極にシンプルな調理法ですが、これが実に難しい作業です。肉料理の多いフランス料理界では、「焼き肉師」が大切にされ、「焼くことはきわめてデリケートな仕事であり、霊感にも近い勘を必要とする」ともいわれています。
 肉は加熱することによって物理的・化学的な影響を受け、その結果、肉のテクスチャーや風味が変化します。筋原線維タンパク質の主たる構成成分であるミオシンは五五℃、アクチンは七〇~八〇℃で凝固するといわれており、筋全体としては、六五℃付近から収縮を始めます。そのため、七〇℃以上で加熱すると、これらの筋原線維タンパク質の網目状構造に保持されていた水が筋肉の収縮によって押し出され、保水性が低下し、肉の重さは二〇~四〇%減少します。その反対に、結合組織は加熱前はかたくて噛み切れませんが、六〇℃以上で長く加熱すると、結合組織のコラーゲン線維の三本鎖らせん構造がほぐれてやわらかいゼラチンへと変化します。
 つまり、ステーキを焼く過程には「加熱しすぎると肉の線維がかたくなりすぎ、加熱不足であってもコラーゲンが分解せずにかたい」という“温度のジレンマ”があります。この肉をやわらかくするための加熱温度の調整の難しさが、霊感が必要といわれるおもな要因となっています。筋原線維がかたくならず、コラーゲンが分解しやすい六〇~七〇℃付近で、長めに加熱する条件が、肉のやわらかさを引き出す最適解であるといえます。(石川伸一=著『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人より)

成分表の(生)のところを見て、牛肉は輸入牛でも亜鉛ナイアシンとの比ではナイアシンの方が僅かに上になると考えていたのだが、焼いた物では亜鉛の含有量も上がり、ナイアシンとの比率でも僅かだが亜鉛の方が多くなることが解った。

それで、手頃な値段のアンガス牛がさらに値引きされる頃に買い物に行って、週に一度程度アンガス牛を献立に入れることにした。塩であっさり(と言っても私は生焼けが苦手なので強火でガーガー)焼いて食べていたのだが、硬い!

「やっぱり和牛でないと硬いね」等と言いながら食べていたのだが、ある時、他の料理にかかっていて、お肉を焼く方に手がかけられなくて、弱火にして蓋をして放っておいたのを食べたら、「今日の、柔らかい!」ということがあった。それで、「あぁ、石川先生!」と思って、『料理と科学のおいしい出会い』を取り出してきた。

すね肉などの混ざったスーパーの角切り肉もシャトルシェフで時間をかけて煮込むと柔らかくなっている。これも、アクチンとミオシンとコラーゲンのゼラチン化のバランスなんだな。

 

そうそう、前にここのところを頭に思い浮かべて、アトピーの娘に、「お湯で顔を洗うとセラミドもとけて良くないらしいよ。筋肉とかコラーゲンなんかも融けるのに温度が関係するらしいから」と言うと、「それはお肉を焼くときのこと言ってんでしょ!」と言われたことがあった。見透かされてたな。

f:id:myrtus77:20180907231540j:plain

柔らかいんだけど綺麗に切れなかったアンガス牛

f:id:myrtus77:20180907231624j:plain

鍛冶屋さんの刺身包丁で切ったら綺麗に切れたアンガス牛