風の匂いの中に

『我らは神の中に生き、動き、存在する』(使徒言行録17:28)

荒川泰昭先生の「生命と微量元素」講座より

腦の機能と微量金属 -記憶学習と亜鉛-(https://www.arakawa-yasuaki.com/course/memory-zinc.html
記憶学習の基礎過程と考えられるシナプス伝達における長期にわたる増強(LTP)や抑制(LTD)の誘導にはシナプス内のカルシウム濃度の増大(すなわちカルシウム流入)が必要であるが、亜鉛はこのカルシウムの流入を(すなわちカルシウムチャンネルを)活性化したり、抑制したりする神経調節因子(ニューロモジュレーター)として働く(抜粋引用)

 

腦神経系の情報伝達に関与する微量元素(https://www.arakawa-yasuaki.com/course/brain-signaltransduction.html
 カルシウムは記憶形成や感覚伝達など脳のあらゆる神経系の情報伝達に関与する。(略)
 亜鉛は記憶形成や感覚伝達など脳神経系の情報伝達に関与する神経調節因子(ニューロモヂュレーター)である。とくに記憶学習系では海馬シナプス終末における受容体やカルシウムチャンネルの調節因子である(図1)。すなわち、 カルシウムイオン増大に関与するグルタミン酸アスパラギン酸などの興奮性アミノ酸受容体(NMDA 受容体やnon-NMDA 受容体)、ATP作動性受容体、カリウムチャンネルを含む種々の電位作動性イオンチャンネルなどの活性化を調節する。そして、記憶・学習の基礎となる長期増強/長期抑制(LTP/LTD)の誘導、発現、持続には海馬亜鉛ホメオスタシスが重要である。(略)
 亜鉛が欠乏すると、脳では前述のような脳神経情報伝達系の調節が不可能となり、学習記憶障害や嗅覚障害、味覚障害などの感覚障害を誘発する。亜鉛欠乏に伴って脳内微量金属は著しく変動する。とくに、海馬においてはアルミニウム、嗅覚系(嗅球、嗅上皮など)においてはカルシウムの著しい蓄積が観察される。従って、亜鉛欠乏による種々の脳障害の発症には有意に変動する他の微量元素による可能性も考慮しなければならない。また、亜鉛欠乏以外に、ある種の薬物暴露やアルツハイマー病においてみられる記憶学習障害には亜鉛が重要な関わりをもっている。亜鉛キレート剤、トリアルキル錫、エンケファリンなどの外来性薬物により海馬亜鉛が消失する。また、内因的には周産期の甲状腺機能低下が海馬苔状線維亜鉛の低下を引き起こす。記憶学習障害の代表的疾患であるアルツハイマー病患者の前頭葉ならびに側頭葉の皮質での亜鉛量は正常人と比べて差がないが、海馬亜鉛量は正常人に比べて低値を示す(ちなみに、アルツハイマー病患者の海馬のアルミニウムやシリコンは正常人より高値を示す)。(抜粋引用)

 

荒川泰昭先生の「生命と微量元素」講座(https://www.arakawa-yasuaki.com/course/cerebral-nerve.htmlより

 

 

 

 

ソーセージを見直す(リン酸塩(Na)とビタミンB12から)

f:id:myrtus77:20190309155853j:plain

一つのお鍋に時間差でブロッコリーも入れて・・。

うちではリン酸塩や発色剤を使ったハムやソーセージをほとんど食べないで信州ハムのような無着色のものを使っていた。けれどこの2年程の間で、普通のソーセージを見直して時折食べるように変えた。

一つには、夫のうっ血性心不全にリン不足が影響しているのではないかと思ったからである。これを裏付ける根拠になるものは持っていない。が、得た情報の欠片をつなぎ合わせた結果、そういう結論に至った。世の中ではリンが加工品の中に多く、リンを摂りすぎてはいけないという声の方が大きいのだが・・。

もう一つは、娘にとってもエネルギーを造るリンが必要だと考えたからである。しかし、このリン酸塩というのはリン酸ナトリウム(Na)でなくてはいけない。リン酸カリウム(K)では駄目だ、と考えている。

「リン酸塩」で調べると、「摂ってはいけない添加物」として情報が並ぶ。私は、リン酸塩は亜鉛やカルシウムを阻害するのではないかとも考えている。しかし、娘にとっては、そして夫にも(もちろんその時々の体内の状態によるが)今のところ時折摂る必要のある栄養素ではないかと思っている。だから様子を見ながら、献立に加えている。

リンについても、リンだけで考えても意味がないと思う。
たとえばカルシウムが多いと言われる小魚のしらす干しで見ると、半乾燥品でカルシウム520mg、リン860mgで、リンの方が多く含まれている。
切り干し大根では、カルシウム500mg、リン220mgでカルシウムの方が多い。しかし戻して茹でるとどちらも激減するが、カルシウム60mg、リン10mgでリンの方がより減少する。

リンは摂りすぎてはいけないと言うのだが、カルシウムとリンの理想摂取比は、カルシウム:リンで1:1~1:2(『しっかり学べる!栄養学』)である。

 

成分表を調べてノートに書き出して比べていて、豚肉の中では、ソーセージにビタミンB12が多めだということに気づいた。B群の栄養素で、B1等は他の部位の豚肉の方に多く含まれているのだが、B12だけはソーセージに多い。ウインナーソーセージで1.1μg。それで、昼食で摂っていたソーセージを夕食で摂るように変えた。眠りやすくなるように思ったからだ。

厚切りハムは、豚肉に鶏肉を混ぜているものや牛肉を混ぜているものがあって、豚肉100%のソーセージとはまた別に考えた方が良いだろうと思うが、薄切りハムではロースハムで0.4μg、ボンレスハムで1.3μg。

肉類ではB12は牛肉に多く、秋刀魚や鯖などの青魚と貝類に多いが、イクラにも多いことに気づいた(47.3μg)。
イクラにはパントテン酸が多いので夜はあまり摂らない方が良いのではないかと思っていたのだが・・?こちらではイクラは高くて滅多に買わないのだが、先日少し安めの北海道加工品があったのでちらし寿司のトッピングに割とたっぷり乗せたら、その夜は良く眠れたようだった。

meromeropy77.hatenablog.com

meromeropy77.hatenablog.com

myrtus77.hatenablog.com

 

B6ばかり摂っていたと思ったら、B12不足で眠れなくなった(栄養素は互いに影響し合う)

メチレーションのところでも書いたのだが、栄養素は一緒に働く栄養素の一つを摂りすぎても独自で働く働きが出来なくなって不足するということが起こってくる。娘がビタミンB6の物ばかり摂っているとB12が不足したせいか眠れなくなったということがあった。

 

 最近の研究で、ビタミンB12はバイオリズムにかかわっていることがわかってきました。(略)

 海外旅行の時差ぼけも、なかなか解消しにくいものですが、B12を試してみてはいかがでしょう。(中村丁次=監修『栄養成分バイブル』)

  

ビタミンB12の吸収には、胃粘膜から分泌される内因子(糖たんぱく質)や、ハプトコリン、輸送たんぱく質のトランスコバラミンが必要である。(略)次にビタミンB12は内因子と結合し、内因子ービタミンB12複合体は腸管を下降し、カルシウム存在下で、回腸下部の吸収細胞の微絨毛に分布する受容体に結合し、吸収細胞に取り込まれる。(川端輝江=編著『しっかり学べる!栄養学』)

 

食品に含まれるカルシウムは、十二指腸・小腸上部で水溶性となって吸収される。(略)受動輸送(単純拡散)と能動輸送の両者が存在し、能動輸送では、カルシウム結合たんぱく質(カルビンディン)によってカルシウムの吸収が高まる。(『しっかり学べる!栄養学』)

 

私の場合は、亜鉛の多い物を摂りすぎると腰が痛くなる。これは、亜鉛によってカルシウムが吸収阻害されるため、回り回ってB12が吸収されなくなるためだろうと考えている。

ソーセージにはビタミンB12が比較的多く含まれている。

 

meromeropy77.hatenablog.com

 

 

夫のアルブミン(ALB)値(追記あり)

前回入院時の夫のアルブミン値(ALB)は低めだった。基準値は3.9~5.0g/dl。前回はその後の検査項目の中にアルブミン値は入っていない。

前回退院時にたんぱく質は摂りすぎない方が良いと間接的に聞いたのだが、私はむしろたんぱく質が足りていなかったのではないかと考えて、退院後、たんぱく質量を増やすようにしていたのだった。それでかどうかは分からないが、昨年二回目の入院時のアルブミン値は高めで、退院後最初の検診時だけ落ちていたが、その後はほぼ高めの数値を保っている。

前回入院時は肺の周りにも水が溜まっていたのだが、昨年は肺の周りについては何も言われなかったという。

以下に、血清アルブミンについて記されたサイトをリンクさせて頂く。

http://www.chikubageka.jp/assets/files/pdffolder/nstletter32.pdf
血清アルブミン値は、血球半減期が14~21日と長く、変動がゆるやかで、長期の栄養状態を反映しています。つまり、「今」の栄養状態を如実に示すものではなく、およそ3週間前の値ということになります。
(略)
アルブミン値が低下する原因は低栄養だけじゃない!
肝機能障害による低下
血清アルブミンは、肝細胞のみで作られ血液中に存在しています。何らかの異常で肝機能が低下すると、肝臓のアルブミンをつくる能力が低下するため、血液中の数値が下がります。この場合、γGTP・GOT・GTPの上昇、コリンエステラーゼ・総コレステロール・血小板の低下等がみられます
タンパク質の喪失による低下
腎不全・ネフローゼ症候群・広範囲熱傷等による腎臓や体表面からのアルブミン漏出、胸水や腹水貯留による体内へのアルブミン貯留により、アルブミン値が低下します。

昨年退院後最初の検診時のアルブミン値が下がっていたのは、入院中の食事が影響していたと考えられる。

また、前回入院時に肺の周りに水が浸潤していたのもたんぱく質の摂取が足りていなかったことと相関していると考えられる。

そして、リンクさせて頂いた内容を見ると、アルブミン値の低下にコリンエステラーゼの低下が相関していることが解る。コリンエステラーゼとはアセチルコリン分解酵素のことである。
アセチルコリンが体内で造られすぎることで心機能が抑制され、夫はうっ血性の心不全に至ったと私は考えているのだが、アルブミンとの関連でもここにつながってきたように思われる。

 

f:id:myrtus77:20190306161257j:plain

https://www.otsukakj.jp/healthcare/iv/knowledge/)より

リンクさせて頂いた表を見ると、ナトリウムも塩素も血漿よりも組織間液の方に多いことが解る。血漿中の血清アルブミンを含むタンパク質がナトリウムを血漿中に引き寄せてそれによって血液量を保つのだと思う。血漿中のタンパク質が足りないとナトリウムが血漿中から組織間に出て増える。それに水分が引かれて組織間に組織液が増えることになる。

また、カリウムは圧倒的に細胞内に多いが、組織間と細胞内の間ではナトリウム・カリウムポンプによる能動輸送でカリウムは細胞内に入るが、増えすぎたカリウムカリウムの出入り口から組織間へと出て行くことになる。カリウムが細胞内に入るためには能動輸送するためのエネルギーが必要となり、ここでリンやブドウ糖が必要となる。

(追記部分)カリウムが多すぎて細胞内に入れないと筋肉は弛緩したまま収縮せず、組織間に水分がうっ滞したままとなるのではないだろうか。

さらに、ブドウ糖の腸管からの吸収のためにはナトリウムが必要になるから、低ナトリウム状態ではエネルギーも造られにくくなり、組織間に溜まった水は排出されずに貯留することとなる。

(以下、追記部分)

タンパク質が不足するとカルシウムの吸収率も下がるだろう。カルシウムが不足することでますます水分が体内に貯留することになると思われる。

ここで、カルシウムが足りていて十分な働きをすれば、心筋細胞にカルシウムが入り筋肉が収縮されうっ滞した血液が循環され始めると考えられる。

meromeropy77.hatenablog.com

 

 

 

塩化ナトリウムとたんぱく質が不足することで・・(アトピーとの闘い最終章)

低塩素性アルカローシス
摂取することで効果が見込まれる栄養素:塩素(Cl)
https://allabout.co.jp/r_health/nutrition/disease/d-83/

 

塩素(Cl)
体内での働き:胃液中の塩酸の成分となり、タンパク質分解酵素を活性化します。小腸でのビタミン類の吸収促進や体液の浸透圧の維持に重要な働きをします。

欠乏または過剰に摂取した場合:塩素(Cl)が不足すると組織中のナトリウム(Na)とカリウム(K)濃度が低下し、カルシウム(Ca)とリン(P)濃度が増加(腎臓にカルシウムが沈着)します。また、食欲低下や消化不良を招きます。

摂取により改善が見込まれる悩み(症状・病気):低塩素性アルカローシス

多く含まれる食品:食塩
https://allabout.co.jp/r_health/nutrition/nutrient/n-19/

 

娘の場合は、減塩をしたりカリウム食品を多く摂りすぎたりすると、組織液が増え皮膚から滲み出るように思える。

6日のブログ記事https://meromeropy77.hatenablog.com/entry/2019/03/06/160807で、輸送たんぱく質の一つである血清アルブミン(『しっかり学べる!栄養学』)による浸透圧作用(膠質浸透圧)についてメモったのだが、「低アルブミン血症ではこの膠質浸透圧が低下するため、循環血漿量が維持できずに間質に流出してしまい、全身性浮腫や血管内脱水の原因となる」と記されていた。また、ここでは「ナトリウムイオンによって生じる浸透圧も膠質浸透圧として計算される」とも記されている。

 

この数年の娘の様子をふり返ると、この低アルブミンとナトリウム不足、そしてカリウム食品の摂らせすぎが影響していたように思える。

娘は元々サラダなどの生野菜を好まなかった。アトピーだと分かってから生野菜は体を冷やして良くないから煮物などの温野菜で食べさせていたから生野菜が口に馴染まないのだと考えていたが、元々の体質が生野菜を避けさせていたのだと思える。

若い女性がサラダなどばかり食べて体が冷えて浮腫を生じやすいというようなことを耳にすることがあるが、これは低アルブミン、低ナトリウム高カリウム食によって引き起こされる症状のように思われる。カリウムは浮腫を解消するとか、血圧を下げるのに良いと言われがちなのだが、元々の体質によっては毒にもなり得ると言える。低アルブミン低ナトリウムの場合にカリウム食品を摂りすぎると、却って浮腫を生じるのである。さらに、若い女性は女性ホルモンの影響を受けているために血圧も低めになりやすく、水分を循環させる力も弱いと言える。

 

3日のブログ記事https://meromeropy77.hatenablog.com/entry/2019/03/03/210058でリンクさせてもらった図の中に、細胞内液に多く存在する電解質にリン(P)が含まれていて、その役割として「高エネルギー物質(ATP)の供給」と記されていたのだが、娘はリンも不足していたのではないかと思う。低エネルギーで血圧も低く、体温も低い。エネルギーが作られなければ、能動輸送で細胞内に取り込まれるカリウムは細胞内に入ることが出来ず細胞外へと出て来る。これもまた、低ナトリウムと相まって、陰陽のバランスを崩し水分の滞留を引き起こすことになるだろう。

電解質の細胞内外の分布図を見ると、細胞内にもっとも多いのがリン酸水素イオンであることが解る。

炭酸水素イオンは細胞内外を行き来しており、これが水素イオンとくっついたり離れたりすることで、血液のpHが調整されている。

細胞外液に多い陰イオンは塩素イオンのみであるように思える。このことから考えても、陰陽のバランスを取るために塩素を含んだ食塩の摂取は欠かせないと言えるように思われる。

 

さて以上のことから、アトピー性皮膚炎やアレルギーの改善について考える時も、性別の違いや年齢、体質の違いを考慮に入れることがとても重要であることが解ると思う。

 

 

アルブミンによる浸透圧作用(膠質浸透圧)について(リンクによるメモ)

アルブミンは一群のタンパク質に名づけられた総称で、卵白(albumen)を語源とし、卵白の構成タンパク質のうちの約65%を占める主成分タンパク質に対して命名され、さらにこれとよく似た生化学的性質を有するタンパク質の総称として採用されている。 代表的なものに卵白を構成する卵アルブミン脊椎動物の血液の血漿に含まれる血清アルブミン、乳汁に含まれる乳アルブミンがある。
アルブミンは一般的に肝臓で生成される。アルブミン濃度が低下している場合は、肝疾患、ネフローゼや栄養失調が疑われる。
(略)
アルブミンは他の血清タンパクに比べ分子量が小さく、量が多いため、血液の浸透圧調整の役割を担っている。(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%9F%E3%83%B3

 

膠質浸透圧(こうしつしんとうあつ、英: oncotic pressure, colloid osmotic pressure)は、浸透圧の一種で、動物の循環系において主としてアルブミンの濃度によって生じる血漿や間質液の浸透圧のこと。
(略) アルブミンなどの多くのタンパク質は濾過で血管中に残されるが、これらは水をひきつける浸透圧作用を持っている。この場合の浸透圧は膠質浸透圧と呼ばれ、細胞膜の内外の間などで生じる通常の浸透圧とは区別されている。(略)
またタンパク質はマイナスの電荷を持っているため、これと電気的に平衡するように陽イオン(おもにナトリウムイオン)が血漿中にひきつけられ、間質液との間に濃度勾配を生じる。これをドナン効果というが、このナトリウムイオンによって生じる浸透圧も膠質浸透圧として計算される。ドナン効果はタンパク濃度が増加すると曲線的に増大するため、血漿と間質液の間の膠質浸透圧較差もずっと大きくなる。
ヒトでは血漿タンパク濃度が7.3g/dl前後であるのに対して間質液中のそれは2-3g/dlである。この時血漿の膠質浸透圧は約28mmHgであり、間質液のそれは約8mmHgである。この濃度差から生じる膠質浸透圧較差によって循環血液量が保たれている。低アルブミン血症ではこの膠質浸透圧が低下するため、循環血漿量が維持できずに間質に流出してしまい、全身性浮腫や血管内脱水の原因となる。(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%86%A0%E8%B3%AA%E6%B5%B8%E9%80%8F%E5%9C%A7

f:id:myrtus77:20190306161221j:plain

https://plaza.rakuten.co.jp/bonolovescat/diary/?PageId=2&ctgy=8)より

f:id:myrtus77:20190306161257j:plain

https://www.otsukakj.jp/healthcare/iv/knowledge/)より

 

www.kango-roo.com