風の匂いの中に

『我らは神の中に生き、動き、存在する』(使徒言行録17:28)

アレルギー の検索結果:

柚子とステロイド薬(アトピーとの闘い最終章)

…好酸球の活性化によるアレルギー炎症を抑制し細胞性免疫を増加させる作用がある、と書かれている。又、好酸球の活性化は活性酸素の産生とも関係しているが、柑橘類の中でもユズ精油はもっとも強く活性酸素分子そのものの消去作用があることが示唆されている、とある。 又、柚子の皮の精油成分であるテルペン化合物は皮膚浸透性がよく、皮膚から入り、体に作用する。ゆず湯に入ると湯冷めしにくいというのは、血液循環を良くするという精油の働きによるもののようだ。ただ、柑橘類の精油には皮膚を刺激する成分も含ま…

パントテン酸が接触性皮膚炎を改善する(アトピーとの闘い最終章)

…とTh2の違いをⅠ型アレルギーとⅣ型アレルギーの違いとして捉えようとしてヒスタミンを抑えることにばかり目を向けていたので、パントテン酸が接触性皮膚炎の改善に働くとは考えもしなかったのである。 しかし、「制御性T細胞(ヘルパーT細胞の一種)とTh1とTh2について」をまとめて、アレルギー全般がTh2の働きであると理解したので、ここに繋がった。 例えば、パントテン酸食材を摂り過ぎていると目に物貰いが出来るという場合がある。 これは副腎皮質ホルモンの合成によって、自然免疫(Th1)…

制御性T細胞(ヘルパーT細胞の一種)とTh1とTh2について(リンクによるメモ)

…2細胞が過剰になるとアレルギー症状が起こるのです。 しかし本来、体は、どちらか一方の反応が過剰にならないように、それぞれの細胞から分泌される「IFN-γ」と「IL-4」のサイトカインがお互いの働きを抑制し合うようにも働いています。そうして、Th1細胞とTh2細胞による獲得免疫のバランスは保たれているのです。http://immubalance.jp/about/immunity-5/ 免疫反応は有害な病原体を排除するために重要ですが、炎症反応を伴うので適切な時期に終息しないと…

ステロイド薬中止によるカポジ水痘様発疹症とティートゥリー精油(アトピーとの闘い最終章)

…膚炎というのは、Ⅳ型アレルギーに属する。Ⅳ型アレルギーはT細胞が活性化されて起こる(『病気の地図帳』)。そしてT細胞はアミノ酸のアルギニンによって増殖(『心の病は食事で治す』)するのである。 もう一つ、口唇ヘルペスはアルギニンを控えリジンを摂ることで治まる。 リジン(https://ipidiw.co.jp/nutrition/lysine.html)単純疱疹(ヘルペス)の予防 アルギニン(https://ipidiw.co.jp/nutrition/arginine.htm…

「たんぱく質を含まない高炭水化物の摂取でトリプトファンは脳に運ばれる」(https://ipidiw.co.jp/nutrition/tryptophan.html)

…して快眠を得るためには、きな粉のおはぎを就寝前に摂るのも良いかもしれない。ただし、きな粉にはアルギニン等が多いので、アレルギー体質の人は頻繁の摂取には気をつけなくてはいけない。 ついでにトリプトファンの過剰摂取と副作用についてもリンクしておく。 トリプトファン過剰摂取・副作用・肝硬変・脳の機能が低下する・昏睡状態に陥る・六十歳以上の場合は、血圧が上昇する・希に攻撃的になることがある(https://ipidiw.co.jp/nutrition/tryptophan.html)

改めてナイアシンについて酒さとの関連で(アトピーとの闘い最終章)

…ermatitis/ ステロイド薬の外用初期には毛細血管は収縮するが、長期連用すると毛細血管収縮作用は鈍化し、やがてはステロイド薬がないと毛細血管が拡張したままになってしまう。毛細血管の可逆的拡張による血流量の増大に基づくものが潮紅であり、不可逆的変化が毛細血管拡張である。(塩原哲夫=編『ステロイド外用薬パーフェクトブック』p156~157) 私がずっと考え続けているのは、アレルギーそのものではない。問題なのは、アレルギー体質なのだ。体質を改善しなければならないと考えている。

アトピーから喘息へ、アレルギーマーチ(アセチルコリンの原料となるコリン食材について)

…、「カルシウム不足でアレルギーマーチを引き起こす」という記事を纏めたのだが、読み返すとこれは、Ⅰ型アレルギーを前提にしているように思えた。 今、娘にとって問題となっているのはⅣ型アレルギーとしてのアトピー性皮膚炎なのだが、アレルギーマーチという時、やはりⅠ型アレルギーが基本にあるように思えるので、もう一度Ⅰ型アレルギーを軸にしてアレルギーマーチについて考えてみようと思う。 赤ん坊の頃にアトピー性皮膚炎であったのが、大きくなるにつれてアトピーは治まるのに喘息に移行したというよう…

甘いお稲荷さんのモリブデンとシスチンと銅で皮膚を傷害する(アトピーとの闘い最終章)

…%81 これまで金属アレルギーによって起こる汗疱についてはブログで纏めたことがあるのだが、その後私は、水疱や金属アレルギーにおいて一番疑わしいのはモリブデンではないかと考えていた。 myrtus77.hatenablog.com モリブデンはキサンチンオキシダーゼの活性部位となる金属である。「モリブデン原子に末端酸素(オキソ基)と硫黄原子、末端ヒドロキシル基が配位」している。 モリブデンは米や酢に多く含まれる。加工の仕方にもよるが、油揚げ等の大豆製品にもモリブデンは多い。いな…

ステロイド薬による接触性皮膚炎が起こる前提にⅣ型アレルギー体質が・・(アトピーとの闘い最終章)

ステロイド薬による接触性皮膚炎が起こる前提にアルギニン食品の摂取が関与していると私は考えている。 アルギニンを多く含有する食品の1位に「ぶた、ゼラチン」が上がっている。2位は「大豆たんぱく(分離大豆たんぱく)」である。(https://wholefoodcatalog.com/nutrient/arginine/foods/high/) ぶた、ゼラチンに含まれる栄養成分は、リジンが3600mg、アルギニンが7900mgで、アルギニンはリジンのおよそ2倍強である(https:/…

皮膚の修復のためにはリジンが必要だが、摂り過ぎるとⅠ型アレルギーを暴走させる?(アトピーとの闘い最終章)

…われる。 また、Ⅳ型アレルギーに関わってT細胞を暴走させるアルギニン過剰に対してリジンの多い物を摂る必要があるのではないかと思われた。その考えは、功を奏して途中までは良くなるように思えた。 しかし、リジンを摂り過ぎれば抗体を作りやすくしてⅠ型アレルギーに傾くように思われる。特に亜鉛含有の多い物と一緒に摂ることによってアレルギー反応が暴走するように思われる。 リジンは肉、魚などに多く含有される。が、亜鉛の多い牛肉などは他の肉や魚を合わせず、牛丼やすき焼き等それだけで摂る方が良い…

日焼けによる炎症予防に背の青い魚(アトピーとの闘い最終章)

…うことがあった。 牛肉などの亜鉛食材には合わせるものを考える必要がある。アルギニンの多いものと合わせるとT細胞が活性化しすぎてⅣ型アレルギー体質の者には良くない等、不具合が生じる。 やはり組み合わせを考えなくてはいけないのだろう。 それにしても、30年も前にやった除去食の間違いに今になって気づくとは。厳しい除去食をして、自分の体も壊し、娘も火膨れにしていたとは・・。 meromeropy77.hatenablog.com meromeropy77.hatenablog.com

コロナウイルスとアトピー性皮膚炎と癌(アトピーとの闘い最終章)

…へのシフトが起こり、アレルギー疾患憎悪の方向に働く可能性がある(塩原哲夫=編『ステロイド外用薬パーフェクトブック』) マクロファージの「敵」とは、細菌、ウイルスなどの異物(病原体)だけでなく、体の内側に生じた変異たんぱく質や酸化したコレステロール、がん細胞などです。‘’活性酸素‘’によって傷つけられた細胞も大掃除してくれるのです。(伊藤豊『医者が教える最強の栄養学』) 今、コロナウイルスによる感染症が流行しているのだが、重症患者では炎症反応が強く、過剰な免疫反応を起こしている…

豚肉に多く含有される栄養素について部位別に記しておく(アトピーとの闘い最終章)

…る。 このところⅣ型アレルギーの接触性皮膚炎の発症を抑えるために、アルギニン食材を控えるようにしている。 豚ロース肉もアルギニン含有の高い食品として出てくるのだが、ゼラチンに比べてアミノ酸の多い部位では、リジンの方がアルギニンに比べて多く含有されている。 リジン2000mg、アルギニン1500mg(https://wholefoodcatalog.com/food/swine,_pork,_large_type_breed(loin,_lean,_raw)/nutrients…

ハーブで作る化粧水について(加筆:スギナにアルミニウム)(アトピーとの闘い最終章)

…ようなのだが、目にはアレルギー用の市販の目薬を使用させた。 ジャーマンカモミール(キク科)にも抗ヒスタミン作用があるが、カモミールは娘の好きなハーブティーで子どもの時から飲み続けてきたものなので、化粧水には使わないことにした。アレルギー症状というのは、好きで摂り続け許容範囲を超えたものに対しても出ると言われているからである。 皮膚が切れて傷になっている時には、スギナ茶を利用した。スギナ茶はホーステール(トクサ科)という単品のハーブでも売られている。ホーステールに含まれているシ…

ステロイド外用薬とタクロリムス軟膏(プロトピック軟膏)(アトピーとの闘い最終章)

…2が関与するのはⅠ型アレルギーのみで、Th1はⅣ型アレルギーのみに関与すると仮定しようと思う。そして、Ⅱ型、Ⅲ型アレルギーにはTh17が関与すると思いたい。 しかし、これでは、この本に書かれている以下の内容に矛盾すると思われた。 ステロイド薬はTh1、Th2のいずれをも抑制するが、自然免疫、すなわちTh1の抑制作用が強い。このため急性炎症の鎮静化には優れるが、長期使用を行えばTh2反応へのシフトが起こり、アレルギー疾患憎悪の方向に働く可能性がある。(『ステロイド外用薬パーフェ…

マクロファージと自然免疫についての覚書

…球は、好酸球(感染やアレルギーで活性化)、好塩基球(炎症に関与する刺激物質を分泌)、好中球(細菌などを貪食)の三種類ありますが、95%は好中球です。 好中球は血液に乗って全身を監視していますが、細菌などの異物に気づくと血管からはい出して、異物を取り込み、処理します。 処理し終わった好中球は自爆して化膿性の炎症を起こします。その死骸が「膿」です。この死骸を片付けるのがマクロファージです。 好中球などの顆粒球は、攻撃したり自爆したりするときに「活性酸素」を大量に放出します。こうし…

自然免疫とⅢ型アレルギー(免疫複合体)

…へのシフトが起こり、アレルギー疾患憎悪の方向に働く可能性がある」という部分を読んで、「前々からリウマチにもアトピーにもステロイド剤を使うということに納得がいかなかったのだが、これを読んでそういうことだったのかと思った」と書いたのだが、昨日、「自然免疫では好中球やマクロファージが、外来のどのような抗原に対しても、相手を選ばず、そのつど何度でも反応して抗原を貪食する」と記されているのを見て、慢性関節リウマチが含まれるⅢ型アレルギー(免疫複合体)では、「好中球が免疫複合体を貪食する…

Ⅱ型アレルギー(細胞融解型アレルギー)と自己免疫疾患について覚書

…ほとんどはⅡ型〜Ⅳ型アレルギーに属する。(『病気の地図帳』p164) Ⅱ型アレルギー(細胞融解型アレルギー)細胞表面にある抗原や細胞表面に結合した薬剤などの化学物質に抗体が結びつき、それに活性化された補体が作用して細胞を融解する。細胞膜表面に結合したIgG抗体に、マクロファージやキラーTリンパ球などが結合して細胞を傷害するタイプもある。特発性血小板減少性紫斑病、不適合輸血による溶血性貧血、新生児溶血性疾患(Rh,ABO不適合)、自己免疫性溶血性貧血、薬剤性溶血性貧血、重症筋無…

Th1細胞とTh2細胞の違いを紙に書きなぐって頭の中を整理しておく(アトピーとの闘い最終章)

…、この綺麗さ。 Ⅰ型アレルギーは組織中の肥満細胞または好塩基球に固着したIgE抗体と外来の抗原が反応することにより遊離される化学伝達物質によっておこる。アトピーは、IgE抗体を産生しやすい現象をいう。 (略) Ⅳ型は抗原によって活性化されたTリンパ球による反応である。(山口和克=監修『病気の地図帳』) Ⅳ型アレルギー(細胞免疫性アレルギー)Ⅰ型〜Ⅲ型が抗体を介する液性免疫の過剰反応の結果であるのに対し、Tリンパ球による細胞免疫の過剰反応の結果としておこる。(『病気の地図帳』p…

アレルギー性疾患を引き起こすTh2細胞についてリンクによるメモ(アトピーとの闘い最終章)

…gE抗体が産生され、アレルギー疾患が発症すると考えられます。(柏崎良子=著『栄養医学ガイドブック』p185) 異物を解読した一部のT細胞は、その異物に適合した抗体を生産する特定の細胞(形質細胞)に分化するよう、B細胞に指令を発したり(ヘルパーT細胞)、逆に、抗体を作り過ぎないよう抑制したり(サプレッサーT細胞)して、免疫機能を調節しています。(堺章『目でみるからだのメカニズム』p19) Th2細胞(ティーエイチ2さいぼう、英: Th2 Cell)は、CD4+T細胞(いわゆるヘ…

塩原哲夫=編『ステロイド外用薬パーフェクトブック』(アトピーとの闘い最終章)

…へのシフトが起こり、アレルギー疾患憎悪の方向に働く可能性がある。(『ステロイド外用薬パーフェクトブック』) 前々からリウマチにもアトピーにもステロイド剤を使うということに納得がいかなかったのだが、これを読んでそういうことだったのかと思った。 ヘルパーT細胞には、Th1細胞とTh2細胞の2種類があり、Th1とTh2のバランスがとれている場合には免疫系は正常ですが、Th2細胞がはたらきすぎるとIgE抗体が産生され、アレルギー疾患が発症すると考えられます。(柏崎良子=著『栄養医学ガ…

Ⅳ型アレルギーとリンパ球について(アトピーとの闘い最終章)

Ⅳ型アレルギーとリンパ球について理解が十分でなかったので、整理のためにまとめておく。 リンパ球は、自己・非自己を見分ける機能を持ち、目的の抗原だけを狙い打ちする極めて効率のよい防衛集団です。この免疫機構には、T細胞が直接異物の排除に当たる細胞性免疫と、B細胞が作った抗体が、その抗原にだけ反応することで異物を攻撃する体液性免疫の2つのタイプがあります。 リンパ球には、前述のようにT細胞とB細胞の2種類がありますが、中でもT細胞は、免疫全体での司令塔的な役割を果たす最も重要な免疫…

ステロイド薬が抗原となってアレルギー反応を引き起こす(アトピーとの闘い最終章)

…るまで、「感作」=「アレルギー反応」という風には理解しておらず、アロマセラピーにおいてだけ「感作」という言葉を使っていたのだった。 腕の状態が良くならないので、娘が皮膚科に行ってステロイド外用薬を貰って来た。 ステロイドを使って終わりにはならないだろうと思っていたが、使い始めて3週目に入って、ステロイド薬が抗原となってアレルギー反応を引き起こしていると思い始めたようだ。 治ってきた腕には植物油を塗って、肩と首にステロイド薬を塗ると、肩と首が痒くなった、という。これは母が良く言…

ランゲルハンス細胞(リンクによる覚書)(アトピーとの闘い最終章)

…てアレルゲンを捕捉しアレルギー反応を加速する。I型アレルギーのみならず[3]、IV型(遅延型)アレルギー反応にも重要な働きを演じていることが判明している。また、近年注目されるようになった病態論として表皮バリア破綻説、即ちバリア機能の欠陥という皮膚の生理学的異常の分子レベルの解明が進んでいる。 新しい発見として2005年、ランゲルハンス細胞は病原体の侵入があると免疫系細胞に警戒態勢をとらせると考えられてきたが、それにとどまらず感染や炎症に対する皮膚の反応を弱めていることを[4]…

キュウリとケイパーのサラダと、キュウリのポタージュの過去記事

母は、胡瓜と若布に紫蘇の葉を入れた酢の物を良く作っていた。 私も作る。 けれど良く考えてみると、胡瓜の酢の物なんて好きではなかった。 若い頃は、キュウリはマヨネーズで食べる物だと思っていた。 キュウリの嫌いな人と結婚して、卵アレルギーを持つ娘が生まれ、料理にマヨネーズを使わなくなった。そして胡瓜は酢の物かポタージュになった。 これは夕食で、自分だけが食べたキュウリとケッパーのサラダ。マヨネーズとフレンチドレッシングをかけて・・。 myrtus77.hatenablog.com

オリーブオイルからキャノーラ油に変えると娘の皮膚が酷くなった(アトピーとの闘い最終章)加筆あり

…の摂取率が上がって、アレルギーを悪化させていたというわけだ。 以下、加筆部分 しかしごま油のリノール酸値は高いのだが、ごま油には比較的パルミチン酸が多く含まれていて、9.4gある。 娘はごま油が好きで、学生の頃の自炊生活ではごま油を使っていた、という。夜勤のアルバイトを始めるまではアトピーは酷くならなかったと言っている。 アトピー性皮膚炎も一括りでは考えられないところがあって、このことから考えても娘のアトピーは、痒みを引き起こすヒスタミンやプロスタグランジン等よりセラミド形成…

何がどのアミノ酸を含有しているのか大まかに把握するために・・

…豆腐、カゼイン、らっかせい(乾)(https://wholefoodcatalog.com/nutrient/arginine/foods/high/) ヒスチジンとアルギニンは免疫に関連する。と同時にアレルギーに関連する。 フェニルアラニンを多く含む食品 カゼイン、大豆たんぱく、小麦たんぱく、かつお(削り節)、湯葉(干し)、高野豆腐、ぶたゼラチン、きな粉(脱脂大豆) (https://wholefoodcatalog.com/nutrient/phenylalanine/)

ココナッツオイルについて再び(糖尿病にオリゴ糖を合わせて)

…テロールを低下させたり、ラウリル酸によって免疫の調整に働きアレルギーの改善にも期待されています。ただし、とりすぎは禁物。一日の目安は、大さじ2杯程度にしましょう。(田村哲彦=著『からだに効く食べもの事典』) (赤字表記は、管理人メロメロピーによる) この前、ココナッツオイルとココナッツミルクを使ったサツマイモのパンを作ったんだが、 ビタミンEの多いサツマイモに、ビタミンEだけのココナッツオイルを合わせなくても良かったと思った。サツマイモにはビタミンKの多いバターの方が合うな。

カルシウムとビタミンKについて(リンクによる覚書)

…のカルシウム流入が、アレルギー反応を引き起こす http://www.ims.riken.jp/pdf/20071203_1.pdf アレルギーを起こす物質(アレルゲン)が一度体内に侵入すると、このアレルゲンに特異的に反応する抗体IgEが作られます。IgEは、普段、肥満細胞上のIgE受容体と結合しており、この状態を感作とよびます。そして、同じアレルゲンが再び侵入すると、肥満細胞表面の特異的なIgEと反応し、その結果、肥満細胞が活性化して化学物質を大量に含んだ顆粒や炎症性サイト…

キャノーラ油(ビタミンK>ビタミンE)というものを初めて買って使ってみた

…リノール酸の多い油はアレルギーに悪いと考えていたのでずっとオレイン酸のオリーブオイルを使ってきたのだが、色々調べて、ビタミンEよりKの方が多い油を調理に加えて、使い分けることにした。 菜種油(キャノーラ油)、大さじ1あたりビタミンE1,82mg、ビタミンK14,4㎍。 オリーブオイル大さじ1杯分に含まれるビタミンEの量より菜種油の方が多いのだが、ビタミンEとKの1日の所要量とビタミンKとの割合で考えれば菜種油の方が良いということになる。(https://calorie.sli…